【コードのないプログラミング教室】繰り返しの中身を減らそう

プログラミング

繰り返しブロックを使うと「何度もやる処理」を簡単に作れますが、使う際には注意が必要です。

野菜を1つ切る処理があったとします。

この処理は、包丁の出し入れもセットになっています。

ここで野菜を3つ切りたいと思った場合、よくやりがちな間違いは、このセットをそのまま繰り返しブロックに入れてしまうことです。

実際に行われる処理は、以下のようになります。

  • 包丁を出す→野菜を切る→包丁をしまう
  • 包丁を出す→野菜を切る→包丁をしまう
  • 包丁を出す→野菜を切る→包丁をしまう

普段の生活でこんなことしませんよね?

  • 包丁を出す→野菜を3つ切る→包丁をしまう

というようにするはずです。

この場合、「野菜を切る」処理だけを繰り返しブロックに入れるようにすれば、無駄のない処理になります。

特に「既にある処理」を後から繰り返したいと思った時に起こりやすいです。

繰り返しブロックに他の処理を入れる場合は、「本当に繰り返しが必要なのはどの処理か?」を考えるようにしましょう。




もっと深く学びたい方へ

プログラムが速く動くように調整することを「最適化」と言います。

最適化を行う際にまず注目すべきは「何度も呼ばれている処理=繰り返しの中身」です。

非常に多くの繰り返し処理を行う場合には、中身の処理ができるだけ少なくなるように、準備・後片付けなどの「一回だけ呼べば良い処理」は繰り返しの外に出すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました