【ロングヘアー好き必見!】奥さんに好みの髪型でいてもらうための小細工集

暮らし

どうもです。タドスケです。

突然ですが

僕はロングヘアーが大好きです!

この記事では、ことあるごとに髪を切ろうとする奥さんにロングヘアーでい続けてもらうために、僕が日々実践している小細工を紹介します。

この記事は奥さん監修済みです。
ネタ半分に読んでいただければ幸いです。




日頃の育児をしっかりやる

奥さんが髪を切りたがる1番の理由は、育児の邪魔になるからです。

実際、僕の周りでも出産を機にショートヘアーに切り替えるママさんは多いです。

もし育児が奥さんメインになってしまっていると、僕の好みを押し出したところで

じゃあお前がやれや!

となってしまうだけです。

日頃から家事育児に参加して、奥さんとの信頼関係を築いておきましょう👍

具体的なやり方は、以下の記事を参考にしていただければと思います。

実績の強調

奥さんがいつも言っていることで、

顔はアレだけど、髪だけには手間暇かけてきたよ!

というのがあります。

数種類のブラシやヘアオイル、こだわりの美容院、何段階あるのかわからないシャンプー〜トリートメント。

顔云々はともかく、髪の手入れに気合を入れているのは、髪に無頓着な僕にも伝わります。

そこで、奥さんが「髪切ろうかなー」と言い出した時はすかさず

これまであんなに手入れしてきた自慢の髪だよ?!

これからも大事にしていこうよ!

という感じで説得します。

日々の努力を認め、その結晶を捨てることのデメリットを強調することで、「そうだよね…」という気にさせましょう👍

服の方向性を固定する

奥さんが服を買うとき、よく僕に

どっちがいいと思う?

と聞いてきます。

そうしたら僕はすかさず

こっちの方が大人っぽくて、今の雰囲気(ロングヘアー)に合ってると思うよ!

と全力で進言します。

奥さんのちょっと冒険しちゃおうかな?という好奇心で、少しずつ好みが変わっていってしまうのを阻止します。

あなたは今のセンスで十分ステキなんだよ!と全力で伝えましょう👍

服との相性を強調する

髪型と服には相性があります。

スポーティーなショートカットが似合うのは、どちらかといえばロングスカートよりもジーンズでしょう。

前の項目で服を固定した狙いはここにあります。

「髪切ろうかなー」と言ったらすかさず、

今持ってる服と合わなくなっちゃうから、服を先に揃えた方がいいかも!

と進言します。

しかしいざ服を選ぶ段階となると、僕がロングヘアーに似合う服を激推しするので、奥さんがショートカットになる機会は永遠に訪れません。

チェックメイトです👍

茶番を楽しむ

これまで色々書いてきましたが、この記事が奥さん発案なあたり、おそらく僕の小細工は全てバレています。

向こうもわかっていて話を振ってくるので、ある意味茶番なワケです。

しかし、このような茶番を楽しむことも、夫婦円満の秘訣なのかなーとも思います。

妻を水辺に連れて行き続ける

馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない

『嫌われる勇気』より

最終的な意思決定権はあくまで奥さんにあります。

意見を聞かれたら僕はいつでもロングヘアーを激推ししますが、それでも奥さんが切りたいと言うなら止めるつもりはありません。

僕ができるのは、奥さんがロングヘアーのままでいいかなと思える環境を作ることだけです。

今後も奥さんに機嫌良くロングヘアーでいてもらうために、小細工を続けていこうと思います👍

コメント

タイトルとURLをコピーしました