【PlayCanvas】チュートリアルやってみた

ゲーム

どうもです。タドスケです。

今回は、以前から気になっていたブラウザ上で動くゲームエンジン『PlayCanvas』のチュートリアルをやってみました。

動作が軽快で触りやすいと思ったので、今後も使っていこうかなと思っています。




PlayCanvasとは

早い話が、ブラウザ上で動くUnity(ゲームエンジン)です。

PLAYCANVAS | 日本公式サイト
PlayCanvasは、デスクトップとモバイルブラウザ向けに作られたWebGL/HTML5ゲームエンジンです。豊富な機能を揃えた3Dエンジンとクラウドホスティングされた開発環境およびツールセットを備えています。

シーンの作成、JavaScriptによるコーディング、ゲームの公開まで、全てブラウザ上で完結できます。

そのため、PCとネットワーク環境さえあればどこでも作業ができます。

チュートリアル

今回やったチュートリアルはこちらです。

Security check

詳しい内容は実際のページを見てもらうとして、内容をざっとまとめます。

画面の説明

  • プロジェクトの作成方法
  • 「エンティティ」などの用語
  • 画面構成

ログインはGoogleアカウントでもできるので簡単です。

弾を作成する

  • シーン上に弾を配置する
  • 弾にマテリアルを設定する
  • スクリプト(JavaScript)で動きをつける

戦車から弾を発射する

  • テンプレート(Unityで言うところのPrefab)の作り方
  • テンプレートからのインスタンシング

向いている方向に弾を撃つ

  • シーン内からエンティティを探す(FindByName)
  • 戦車の向いている方向(lookAtFor)を取得→弾に設定する

敵を作る

  • モデル(.json)をシーンに追加する
  • コリジョンの設定
  • 弾との衝突判定

ゲームの公開

  1. URLを公開する
  2. zipをダウンロードする

今回は1のやり方でやりました。(URLをiframeで埋め込む)

zipの場合は自サーバーに置く必要があり、少し難易度が高そうです。
(Wordpressでやるのはめんどくさそう)

完成品

できあがったのがこちらです。

矢印キーで移動し、スペースキーで弾を撃ちます。
敵(UFO)に当たると消滅します。

まとめ

『PlayCanvas』でチュートリアルゲームを作るところまでやりました。

日本語対応していない部分も多いですが、日本語チュートリアルをこなせば大体の感覚はつかめます。

特に、Unityに触ったことのある人であれば特に迷うことはなさそうです。

次は別のチュートリアルをやってみたいと思います。

コメント

  1. […] 【PlayCanvas】チュートリアルやってみたどうもです。タドスケです。今回は… […]

タイトルとURLをコピーしました