暮らしをちょっと便利にする工夫〜週間献立会議〜

暮らし

どうもです、タドスケです。

毎日の暮らしをちょっとだけ便利にする小さな工夫。

今日は週間献立会議について紹介します。




方法

方法はいたってシンプルです。

  1. 毎週の土日に1週間の献立を夫婦で話し合い
  2. その場で必要な食材をネットスーパーで注文する

献立を考える手間を省く

夫婦共働きで生活していると地味に困るのが、毎日の献立です。

今日食べたいものを考えて、献立を決めて、購入が必要な食材を洗い出す。

この作業にはいくつもの判断を含んでおり、かなりのエネルギーが必要です。

昼過ぎに仕事のペースが上がってきたタイミングで「今日の夕飯どうしよう?」という考えがよぎるストレスは意外にも大きいものです💦

仕事の無い休日に1週間分の献立をまとめて決めてしまうことで、平日のエネルギー消費を抑えることができます。

買い物をする手間を省く

平日に夕飯の買い物に行くのはなかなかの重労働です。

出社時は買い物のために早退する必要があり、在宅ワークであれば仕事を抜けるか昼休みを犠牲にしないといけません。

しかし予め1週間分の献立が決まっていれば、必要なものもわかっているので、ネットスーパーでまとめて注文してしまうことができます。

まとめ買いなら送料の比率も安くなりますし、本来買い物に使うはずだった時間を別のことに回せます。

2人で決める

この方法を始めて感じた利点は便利さだけではありません。

2人で「水曜日はカレーにしようね」なんて話し合う時間は、夫婦の重要なコミュニケーションタイムになります。

これまでご飯についてはほとんど奥さんに任せていたのですが、献立決めと買い物をこちら主導で行うことで、奥さんの負担を減らすことにも繋がりました。

まとめ

以上、我が家でやっている週間献立会議について紹介しました。

毎日当たり前にやってきたことでも、最近の技術やサービスを活用すればもっと良くできるかもしれません。

使えるモノは使って、空いた時間を有効活用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました